☆美少女ゲームが多くなった

アニメを見まくって感じたこと

ここ10年ほどまとものアニメを見たのは進撃の巨人くらいでした。二次元にかなり興味をもったので、ここ10年の空白を埋めるために、アニメを見まくっています。

 

美少女系・学園モノ・ロボットもの。SFなどジャンルを問わずに見ています。そして感じたことは・・・今のゲームはほとんどがアニメのキャラの焼き直しじゃないのか?といことなんですよね。キャラクター設定や髪型・・・目の感じ・・。様々な部分でアニメのアイディアをゲームに転換させていると言う感じなのだと知りました。

 

そもそもアニメ自体も過去のアニメの設定などに似たものが多く、完全にオリジナリティーのあるものが少ないというものも多いので何とも言えないんですが・・・。特にロボットものなどはか弱い少年がロボットに乗ると才能を開花させる・・・。好きになる子はぼぞぼぞと話す可愛いが、暗めの女の子。

 

どっかで見たことのあるような設定ばかりですね。

 

美少女系もキャラクターを主人公は天真爛漫・脇役には生徒会長・才能のあるツンツン系の女の子。主人公の一番の仲良しは、引っ込みじあん。天然キャラや心の広い先輩など・・・どっかで見たじゃんと言う設定ばかりですね。

 

ジャンルによって違うかもしれませんが、これだけアニメが乱立すると、オリジナリティーの追求よりも王道の設定でテーマを少しずらしているという感じですね。

 

それを模倣して作っているゲームはかなりそんなキャラに似てきてしまうのは当然のことでしょう。もうちょっとアニメを見て、研究してみたいと思います。